筋肉増強剤

ジルパテロールとは?ドーピングでも使われるその作用と危険性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスリートが試合などに出場し競技をする前に、運動能力を高める効果のある薬物を使用することを「ドーピング」といい、世界レベルで厳しく禁じられている行為です。

[関連記事]着るだけで身体を鍛えられる加圧シャツ

投与することにより、刺激や興奮を与え、運動能力の増幅をはかるものですが、スポーツ精神の立場から、不正行為として扱われる行為です。どんなにいい結果を残せても、公平な審査のもと行われるドーピング検査でひっかかってしまえば処分を受けることとなり、せっかく得た栄光も水の泡となってしまいます。

ドーピング検査は義務付けられ、拒否することは許されず、陽性反応が出るとその選手は、厳しい処分を受けることになります。それだけ世界中から厳しい目を向けられているドーピングですが、そんなドーピング検査の対象となっている薬品は数多く存在し、現在使用される主流の薬物は、筋肉に働きかける「筋肉増強剤」がほとんどです。

ドーピングとして使用が禁止されているそんな薬物の中に「ジルパテロール」と呼ばれる筋肉増強剤があります。アスリートとして活躍した経験が無い人にとって、ほとんど馴染のない薬物名ですが、果たしてジルパテロールとはいったいどんな薬物なのでしょうか。

ジルパテロールとは?

ジルパテロールとは?

ジルパテロールという薬物名は、日常生活の中ではほとんど聞くことがありませんが、最近少し話題になったことがあるため、なんとなく耳に残っている人もいるかもしれません。

先日行われた世界ボクシングのバンタム級タイトルマッチにおいて、日本の山中選手を破って新王者になった対戦相手が、のちにドーピング検査で陽性反応が出たと報道されました。

その際使用した疑いがあると言われている薬物が、ジルパテロールです。ドーピング検査を実施した際、筋肉増強作用があるジルパテロールを使用したという反応が出たと、発表されました。

試合を観戦していた人も多く、物議を醸す結果となったこともあり、大変注目度の高かった試合の中で、対戦相手にドーピング疑惑が持ち上がったことで、この薬物名に興味を抱いた人もきっと多いことでしょう。

選手の処分や試合の行く先と同じく気になる、このジルパテロールという薬物。では、ジルパテロールのその実態を、詳しく見てみましょう。

ジルパテロールの効果

ジルパテロールには、筋肉量の増加を促進する作用があります。ジルパテロールを使用してしまうアスリートは、この作用が体内で働くことを1番の目的としています。

またジルパテロールは、元々は牛や豚などの家畜の体重や、筋肉量の増加をはかるため、家畜のえさなどに混ぜられる薬品として取り扱われていました。特に牛に摂取させると脂肪分が減り、赤みの多い肉質となるため、海外においては家畜の肉質改善に使用される薬品として、広くその名が知られている薬品です。

人間が使用しても同様の効果があることから、やがて筋肉の増量を目的として使用するアスリートが出てくるようになったため、ドーピングの対象として禁止薬物に指定されることになりました。

試合前や競技前にジルパテロールを投与することは固く禁じられ、ドーピング検査で陽性反応が出たアスリートは、厳しい処分を科せられることとなります。

ジルパテロールの作用

ジルパテロールには、筋肉増量の効果の他に「気管支拡張作用」もあります。気管支を拡張させることで、心拍数を増加させるという作用です。気管支が拡張されることにより、呼吸が楽になることから、喘息の治療薬としても扱われていたことがあるほどです。

また、気管支を拡張させ、心拍数を上げる働きは牛や豚の家畜の成長にも大きな影響を与えると言われています。家畜に投与すると、筋肉量増加の効果にプラスしてこの作用が働くため、海外で発生した、家畜の身体異常の原因にもなっているのではないかと、一部でささやかれたほどです。

これらのことからも、ジルパテロールは成長促進剤という位置づけもできるため、その使用を誤ると体に大きな負担かかることになる薬品です。

ジルパテロールの副作用と危険性

ジルパテロールの副作用と危険性

ジルパテロールは、元々家畜の体重増加や筋肉量増加のために使用されていた薬品であることからもわかるように、人間が摂取すると、体にとって大きな負担となる薬品です。

筋肉量が増加するという目前の利益だけにとらわれ、その性質をしっかり見極めないまま体内に摂取してしまうと、大きな負担を負うこととなります。体内に摂取することで得られるのは、メリットだけではないということを自覚しておかなくてはいけません。

また、喘息の改善薬として使用されていた過去から見てとれるように、副作用の心配が発生する薬品でもあります。人間がジルパテロールを体内に摂取した際、危険な症状や副作用と呼べるような症状が発生するのでしょうか。

ジルパテロールのもつ危険性や、副作用について見てみましょう。

ジルパテロールの副作用

ジルパテロールの副作用としてまず挙げられるのは、前述した「気管支拡張作用」です。呼吸が楽になるという利点から、喘息などの薬として使用された経緯もあり、アスリートが摂取すれば、競技中の呼吸が楽になることで、有利になるとも言われています。

ですが反対に心拍数が上がることで、呼吸が早くなってしまうというデメリットもあるのです。また、人間が摂取すれば肝臓や心臓に大きな負担がかかり、肝不全や不整脈と言った重篤な症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

ジルパテロールが持つ「気管支拡張」の作用は、効果的な面もありながら、副作用としてデメリット的な面も持ち合わせる作用であることがわかります。ですが、いずれにしても、体に大きな負担がかかる現象であることに変わりはありません。

ジルパテロールを食品から摂取する危険性

ジルパテロールは前述したとおり、元々家畜の成長促進剤として使用されていた薬品です。海外の牛や豚といった家畜の中には、このジルパテロールの成分が含まれているものも存在したため、そのことを知らずにいつの間にか食事から摂取してしまう、という危険性が指摘されたこともありました。

そのような状況を鑑みた世界反ドーピング機関は、2011年にその可能性を含んでいる海外を渡航し、食事をする際には充分注意を払うようにと警告しています。ジルパテロールは、知らず知らずのうちに体内に取り込んでしまう危険性を含んでいる薬品でもあるのです。

特にアスリートにおいては、その危険性が高いとされ自分の食事にもしっかり注意喚起するよう、促されています。

ジルパテロールが禁止される理由

ジルパテロールの使用が禁止される理由はもちろん、ドーピングを防止するためですが、そこには人間の体を守るための配慮もあることがわかります。重要な臓器にまで大きな影響を与え、健康被害を発生させる可能性が高い薬物ほど、アスリートの使用が禁止されています。

ジルパテロールは筋肉量を増加させるという、アスリートや筋肉を増やしたいと願う人にとってはありがたい効果を発揮する薬品です。

ですが、それだけ体にかかる負担も大きく、自分の求めている目的だけ達成できればいいという考えのもと、使用されるべき薬品ではありません。本来の目的以外の作用も体内で働き、反対に体にとって大きな負担となってしまうことにもなりかねません。

目先の利益にとらわれず、その薬品を体内に取り込むとどんな状態になるのか、どんな作用が働くのか、その特性をしっかり理解したうえで、取り扱う必要がある薬品なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加