加圧シャツ

加圧シャツの効果とは?着るだけで痩せるというのはあり得ない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「加圧シャツ」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?いま男性の間で飛ぶように売れているのが「加圧シャツ」です。

「着るだけで痩せる」、「いつのまにか体が引き締まった」、「筋肉がついた気がする」といった、まるで夢のような口コミが広がっています。本来ダイエットや美しい肉体づくりには、日々の筋肉トレーニングや食事のコントロールが欠かせません。このような魔法のようなシャツは、本当に存在するのでしょうか?

『金剛筋シャツ』の広告コピーから見る加圧シャツの効果

『金剛筋シャツ』の広告コピーから見る加圧シャツの効果

広告コピーは、商品の特徴や魅力が購入者に分かりやすく伝わるように考えられています。したがって広告コピーを読めば、商品の使い方や商品によって得られるメリットなどが、イメージできるようになっています。そこで、まずは「加圧シャツ」がどのようなものなのかを、広告コピーから紐解いてみましょう。

  • 超ハードな圧力で、メタボ腹を叩き割れ
  • 細マッチョ化計画が加速する
  • 24時間トレーニングウェア
  • 着ながらボクサー腹へ
  • 24時間360度ギュギュッと締め付けてくる、そのパワー

これらは、いま大人気の『金剛筋シャツ』の広告コピーです。これらを見る限り、「着るだけで引き締まった体になる」、「手軽に体が鍛えられる」という口コミと一致しています。いま話題の「加圧トレーニング」と何か関係があるのでしょうか?

ウワサのシャツと、加圧トレーニングとの関係は?

「着るだけで痩せる効果がある!」と男性の間で大きな話題を呼んでいるのが加圧シャツです。製品によっては在庫切れを起こすほどの大人気ぶりだといいます。

着るだけでポッコリとしたお腹周りの脂肪が解消できたり、腹筋を見事に割ったりできるのならば、誰でも欲しくなるのは当然です。頭では規則正しい生活とヘルシーな食生活、適度な運動が美しい肉体への近道だと分かっていても、ハードな仕事とストレスを抱えた日々の生活のなかで継続していくのは大変です。

さて「加圧」と聞くと、いま人気の「加圧トレーニング」を思い浮かべる人もいるでしょう。果たして話題のシャツは、加圧トレーニングを簡易的に行える機能を備えているものなのでしょうか?そもそも「加圧トレーニング」とは一体どのように行い、どういった効果が期待できるものなのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングというのは、筋肉への血流を適切に制限して行うトレーニング方法です。まず腕や脚の付け根に加圧専用のベルトをつけて、圧力を加えます。すると血流が制限され、筋肉が低酸素化します。筋肉内が低酸素化をすると、ふだんは使っていない筋繊維までもが刺激されます。

加圧トレーニングは、通常のトレーニングよりもハードな状況で行うため、身体に負荷をかけすぎないよう短い時間で行います。上肢を10~15分、下肢を10~15分、計30分ほど行うのが一般的です。

また通常のトレーニングに比べて何倍もの効果があるため、週に1~2回行うのが基本です。3ヶ月ほど続けていくと、脂肪が分解されて筋肉が増加し、少しずつ基礎代謝が高くなり、太りにくい体質へと移行していきます。

加圧トレーニングで期待できる効果

加圧ベルトで腕や脚の付け根に圧力を加え、筋肉への血流を制限すると血中に含まれる乳酸の濃度が上昇します。すると筋肉や骨の成長を促し、脂肪を遊離脂肪酸に分解して血中に放出する働きがある、成長ホルモンが分泌されます。

一説によると、加圧トレーニングで分泌される成長ホルモンの量は、通常と比べて290倍にも及ぶといわれています。さらに筋肉を作るために欠かせないアナボリックホルモンなどの分泌も盛んになります。

よって1回30分ほどのトレーニングを週に1~2回行うだけで、体質の改善が期待できます。またトレーニング中は一時的に血流を制限するため、毛細血管が活性化したり、血管内皮が柔軟性を取り戻したりといった効果も期待できます。トレーニングを初めてから、血行が良くなり肩こりが改善したという人も多数います。

加圧トレーニングを行うときに注意したいこと

血流を制限して行うトレーニングのため、体質や体調によっては貧血症状が出る場合があります。ダイエットのための食事制限や、身体が重くなるのを嫌って空腹の状態で行うのはおすすめできません。

さらにトレーニングメニューを間違えると、筋肉を異常に肥大化させてしまう恐れがあります。ですから、熟練した信頼ができるトレーナーのもと、万全の体調で行う必要があります。

トレーニング後は、軽い有酸素運動をしましょう。分泌された成長ホルモンで、上手に脂肪を燃焼させられます。また、食事の内容は、筋肉の疲労を修復・再生させるためにタンパク質中心にすると良いでしょう。肉や魚、卵、牛乳やヨーグルトといった食材がおすすめです。

加圧シャツで加圧トレーニングはできるの?

加圧シャツで加圧トレーニングはできるの?

さて加圧シャツは、加圧トレーニングと同様の効果が期待できるのでしょうか?もちろん、答えは「ノー」です。なぜなら成長ホルモンの分泌を促すためには、乳酸が必要だからです。そもそも乳酸は、運動で筋肉を使ったときに蓄積される代謝の産物です。

したがって加圧シャツを着ているだけで、乳酸が溜まるということは考えられません。つまり着るだけで、筋トレ効果やダイエット効果が得られるということはあり得ません。

また加圧シャツの着用で身体に血流制限が起こせるか、ということについても考えにくいです。一般的な加圧シャツは24時間着用が可能なものがほとんどで、時間の制限がありません。血流制限をするほどの、圧力がないからです。「着圧」と表現した方が、しっくりくるでしょう。

加圧シャツは着るだけで痩せるのか!?

加圧シャツは、上半身にほどよい圧力を加えて筋肉を刺激するためのものです。着用をしながら筋トレを行うと、さらに効果的に筋肉をつけていけるといいます。また上半身に圧力を加えるため、姿勢を正してくれる効果も期待できます。

実は姿勢が悪いと、呼吸が浅くなるといわれています。肺の下にある横隔膜がしっかり動かせなくなるからです。呼吸が浅くなると体に十分な酸素が取り込まれなくまり、血液の流れが悪くなってしまいます。結果的に基礎代謝が落ち、痩せにくい体質になってしまう恐れがあります。

よって加圧シャツなどを着用して正しい姿勢に矯正をすると、本来あるべき位置に骨や筋肉が整えられる効果が期待できます。そして、着用を続けると姿勢を保つための体幹が自然に鍛えられ、美しい肉体に近づけることができます。もちろん、着るだけではなく適度な筋トレや食事のコントロールも欠かせません。

理想的な肉体を作るためには日々の努力が大切です

理想的な肉体を作るためには日々の努力が大切です

加圧シャツは、夢のような広告コピーと口コミで大きな話題を呼んでいます。ただし大人気の加圧トレーニングとは、別物です。加圧シャツは、360度から24時間ほどよい圧力を体に与え、体幹を鍛える手助けをしてくれるというものです。

理想的な肉体を作り上げるためには、やはり筋肉トレーニングやバランスの取れた食事を心がけることが大切です。ですが、なかなか続けられるものではありません。

そんなときこそ、手軽に取り入れられるアイテムとして加圧シャツを試してみるのはいかがでしょうか?完璧な生活を常に求めるよりも、手軽にできるケアを積み重ねていく方が理想への近道になる場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加