加圧トレーニング

加圧トレーニングでバストアップができる可能性はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筋トレ効果や血流促進効果がある加圧トレーニングには、ダイエットだけではなく、バストアップ効果も期待できます。

より効率良く理想のバストを作るためには、正しい方法でトレーニングをおこない、しっかりと栄養を摂取することが大切です。

バストアップの仕組みとは?大人になってもバストは成長する?

バストアップの仕組みとは?大人になってもバストは成長する?

人よりも胸が小さいと悩んでいる女性は大勢います。その中には、遺伝だと思って諦めてしまっている方も多いかもしれません。しかし、日々の生活習慣が原因でバストが小ぶりになってしまっている場合もあります。

バストアップのためには、まずバストの構造を理解しましょう。

・筋肉
・乳腺
・クーパー靭帯
・脂肪

胸を形成する組織の中でも、上記の4つは非常に重要です。これら4つにアプローチしていくことで、理想的な胸に近付いていくことができます。

大胸筋・小胸筋

女性のバストはほとんどが脂肪によって形成されています。その重い脂肪を支える役目を担っているのが大胸筋と小胸筋という筋肉です。筋肉が発達していないと、脂肪を支えることができませんので、バストは大きく成長しようとしません。

胸の脂肪を増やしても大胸筋や小胸筋が発達していなければ、いわゆる「垂れ乳」になってしまいますから、適度に鍛えておきましょう。

乳腺

バストの90%は脂肪ですが、残りの10%が乳腺です。胸の脂肪は乳腺の周りに付くようになっているので、乳腺が発達していなければバストは大きくなりません。「太ったのに胸だけは小さい」という現象は、乳腺の未発達が原因の1つと考えられます。

乳腺の発達には、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と「プロゲステロン」が関係しているといわれています。女性ホルモンの摂取にはサプリを飲むという選択肢もありますが、副作用のリスクもあるようですから、まずは生活習慣を見直してみてください。

クーパー靭帯

バストを形成する脂肪や乳腺を支えて、筋肉に?ぎとめる役割を担っているのがクーパー靭帯です。クーパー靭帯は伸びたり切れたりすることもあり、そうなると二度と元の状態には戻りません。

形の良いハリの良いバストを維持していくためには、クーパー靭帯のケアも欠かさないようにしましょう。基本的には、きちんとフィットするブラジャーをTPOに合わせて着用することが大切です。運動時や睡眠時にはそれ専用のブラジャーを着用してください。

脂肪

減量に成功したものの、バストが小さくなってしまった…。あなたにもそんな経験はありませんか?バストの90%は脂肪で形成されています。そのため、ダイエットで痩せすぎてしまうと、胸の脂肪も落ちてしまいより胸の悩みが大きくなってしまうかもしれません。

ダイエットをするときは、ガリガリに痩せようとするのではなく、標準体型を目指してみてください。太っているのに胸だけ小さいという場合は、胸周りの血流が悪くなっているせいで栄養が胸に行き届かない可能性もあります。

理想のバストになるためには、胸を形成する4つの組織をそれぞれ発達させる必要があります。これらを踏まえてバストが育たない原因を考えてみると、

・大胸筋や小胸筋の未発達
・ホルモンバランスの乱れ
・痩せすぎ(体脂肪率が低すぎる)
・栄養不足
・血行不良

などが挙げられます。

これらの項目に当てはまるものがあったあなたは、すぐにでも生活習慣を見直して改善していきましょう。筋力アップや血行促進には適度な運動が効果的ですので、定期的に取り入れてみてください。

加圧トレーニングの概要とバストアップに効果的とされる理由

加圧トレーニングの概要とバストアップに効果的とされる理由

運動の中には、バストアップには適していないものもあります。

たとえば

・ウォーキング
・サイクリング
・ジョギング
・縄跳び

などは、あまりバストアップには向かない運動です。

その理由として、次の2点が挙げられます。

・胸の筋肉にほとんどアプローチしない
・激しい上下運動を伴うためクーパー靭帯への負担が大きい

これらの運動はダイエットに適しているものばかりですので、実践している方も多いのではないでしょうか?運動時にはスポーツブラを着用するなど、バストのケアには十分に注意してくださいね。

バストアップとダイエット、どちらにも効果がある最適な運動の1つに、加圧トレーニングがあります。

■加圧トレーニングとは?
腕や脚などに専用ベルトを巻いて、血流を制限しながらトレーニングする運動を加圧トレーニングと言います。通常の筋トレよりも短時間・低負荷で高い運動効果を得られることから、ダイエッターやアスリートから高く支持されています。

加圧トレーニングとバストアップの関係性

加圧トレーニングは、バストがなかなか大きくならない原因のうち、

・胸の筋力不足
・血行不良
・ホルモンバランスの乱れ

この3つを改善する効果が期待できます。

つまり、胸周りの筋肉を鍛えながら乳腺を発達させて、胸にも栄養が行き届く体質を作っていけるというわけです。また、ジョギングなどと比べるとハードな運動ではありませんから、クーパー靭帯にかかる負担も小さくて済みます。

■大胸筋・小胸筋が鍛えられるからバストの土台作りに最適
加圧トレーニングは、筋肉を発達させるのに効果的な無酸素運動の一種です。そのため、大胸筋や小胸筋に直接アプローチすることができます。また、血流を制限することで通常の筋トレよりも短時間で筋肉を鍛えることができるのも利点です。

■血行が促進されるから胸に栄養が行き届く
加圧トレーニングは専用ベルトで血液の流れをコントロールしながら運動していきます。トレーニング後にベルトを外すと、抑制されていた血液が一気に流れ出します。勢い良く流れ出した血液は、血管中の老廃物なども押し流して駆け巡るので、血行が促進されます。

■女性ホルモンが分泌されるから乳腺の発達に役立つ
綺麗に痩せるためには、成長ホルモンを活発に分泌させることが有効とされています。成長ホルモンは別名痩せホルモンと呼ばれ、運動後や睡眠中に分泌されます。加圧トレーニングで分泌する成長ホルモンは非常に多く、筋トレの約10倍と言われています。

この成長ホルモンが活発に分泌されると、それに影響されて女性ホルモンの分泌も活発になると言われています。女性ホルモンには、バストを大きくするには欠かすことのできない乳腺を発達させる効果も期待できます。

また、成長ホルモンにも乳腺の発達を働きかける効果があるようです。女性ホルモン・成長ホルモン両方の力で、バストアップを狙っていきましょう。

バストアップのための加圧トレーニングにおける注意点

バストアップのための加圧トレーニングにおける注意点

運動を中心としたダイエットの影響で、胸の形が崩れてしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか?原因はいくつか考えられますが、体脂肪が減り過ぎたり、クーパー靭帯が傷付いたりといったことが挙げられます。

バストアップに最適な加圧トレーニングであっても、やり方を間違えてしまえば理想とは異なる体型になってしまいます。注意点を守り、トレーニング時間外もバストを気遣うようにすることが、よい結果を出すコツです。

なりたい体型を意識してトレーニングしよう

血流を一時的に制限しておこなう加圧トレーニングは、素人が自己流でおこなうのが難しい運動と言われています。筋トレ効果が高いので、やり過ぎるとムキムキ体型になってしまうこともあるそうです。

バストアップのために加圧トレーニングをしている方は、女性らしいメリハリボディを目指し、適切にコントロールしましょう。1人でトレーニングするのが難しい場合は、プロの指導を受けるのがおすすめです。

加圧トレーニング中はスポーツブラを着用しよう

胸を支えるクーパー靭帯は非常に傷付きやすい組織ですから、運動中は必ず保護しましょう。その際は、普通のブラジャーではなく、スポーツブラを着用してください。緩すぎると意味がありませんし、きつ過ぎると血流が悪くなります。

スポーツブラを購入するときも、普通のブラジャー同様、必ず試着してから買うことをおすすめします。

食事バランスに気を配ろう

どんなに血行を促進して胸に栄養が行き届きやすくなっても、栄養不足なら元も子もありません。加圧トレーニングだけではなく、ぜひ食事の栄養バランスにも気を配ってみてください。

また、加圧トレーニング後30~45分間は栄養の吸収力がグッと上がっていますから、そのタイミングで栄養摂取するのがおすすめです。良質なタンパク質やビタミン・ミネラルを摂れるドリンクなどを用意すると良いでしょう。

加圧トレーニングには、血流促進、女性ホルモンの分泌促進などの効果があるため、理想的なバストを維持するのに最適です。トレーニング中は必ずスポーツブラで胸を保護し、トレーニング後には良質な栄養をたっぷりと摂取するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加