加圧トレーニング

加圧ポージングとは?加圧シャツとの組み合わせで更なる効果も期待できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツが好きな人なら、「加圧シャツ」という名前を聞いたことがあるでしょう。加圧シャツとは、その名の通り着用した時に圧力を感じるシャツの事です。

そのフィット感と動きやすさに加え、体にも様々な良い効果がある事からスポーツをする人ではなくても、購入が右肩上がりで広まり一般的になりました。そして最近、急速に広まりつつあるのが「加圧ポージング」という、加圧器を装着した状態でもしくは加圧シャツを着た状態で行うトレーニング方法です。

ここでは、加圧ポージングにスポットを当てて、どのような効果があるのか、どんなポージングがあるのか、最後に加圧ポージングを行う時に最適な器具の選び方をご紹介したいと思います。是非参考にしてください。

加圧ポージングで期待できる効果とは?

加圧ポージングで期待できる効果とは?

加圧ポージングは、加圧器具を装着した状態で簡単なポージングをとる事を指しています。加圧器を装着した状態では、血流が圧迫されすでに負荷がかかっています。

もし加圧シャツを着ているならその時点で既に体が圧迫されているのを感じるでしょう。たいていの人は体の引き締めを目的に加圧ポージングによるトレーニングを始めると思いますが、このトレーニングは動作が小さい割に、効果が多様性でとても効率性の高いトレーニングでおすすめです。

では、一体どんな効果が期待できるのでしょうか?効果は主に三つあります。一つ目は、ダイエットです。二つ目は姿勢の矯正、三つ目は内臓脂肪の減少です。続く部分でそれぞれの効果について詳しく説明します。

ダイエットと筋肉増量がより効率的に

一つ目の効果は、ダイエットをして体を引き締める事です。通常のトレーニングよりも効率良く行えます。さらに、加圧ポージングの種類によって、自分の気になる部分をピンポイントで、引き締め脂肪を燃焼させる事が可能です。

多くの人にとって気になるのが、下腹、肩、背中、二の腕などでしょう。ですが、ダイエットと言っても贅肉が落ちるというよりは、最初は筋肉をつけていくため逆にその部位は少し大きくなるように感じる事でしょう。

ですが、筋肉をある程度つけて基礎代謝を活性化させる事によって脂肪が燃焼しやすい体になります。時間が経つにつれて、ムダな肉が落ちてスッキリしてくるはずです。贅肉を落とした後どれほど筋肉をつけるかは、簡加圧ポージングの度合いや頻度によって調整できます。

姿勢の矯正

姿勢を正しい状態に矯正する、この効用は特に加圧シャツを着用した時の加圧ポージングの効果です。とりわけ現代の生活スタイルは、姿勢の矯正がとても必要だと言えます。

インターネットの普及によるパソコンの使用頻度の増加、携帯電話の使用によって姿勢が悪くなり、腰痛や首の痛みなども慢性的なものになっている人も多いはずです。

病院やサロンに行って矯正しなくても、加圧シャツの着用と加圧ポージングの組み合わせにより、いつでもどこでもできるので費用と時間の節約にもなるでしょう。

姿勢の矯正させるだけで、腰痛や首の痛みの軽減が期待できるだけでなく、ストレス軽減、片頭痛の改善、新陳代謝の活性化など体に対して様々な良い影響が期待できます。

内臓脂肪の減少も

三つ目の効果は、内臓脂肪を燃焼させやすいという事です。最近では、年を重ねるにつれて皮下脂肪に加え内臓脂肪を健康診断などで指摘される人も多くなってきています。

加圧ポージングを正しく行えば、内臓脂肪を燃焼しやすい体に変化させる事ができます。なぜそう言えるのでしょうか?それは、血流を圧迫することによって成長ホルモンを分泌するのを助けるからです。

研究によっても、成長ホルモンは内臓脂肪を分解するのを助ける働きがある事は実証されています。通常、成長ホルモンは体内で自然に生み出されるのですが、年を取るにつれて分泌量が減少するため運動量や食事の量が同じでも内臓脂肪は自然とついていきます。

加圧ポージングにより、故意に成長ホルモンを生み出し体内からも脂肪を燃焼し、健康的な体を作り上げる事ができるのです。

どんな加圧ポージングがあるの?

どんな加圧ポージングがあるの?

では、次に実際に加圧ポージングがどういうものかを説明したいと思います。得られる効果はトレーニングですが、実際にはポージングのみです。

加圧の器具はたいてい二の腕や太ももに装着することが多いのですが、血流が抑えられるため、体の動きが抑えられているように感じるでしょう。もし、加圧シャツを着た状態でのポージングであれば、ポージングで動かす方向とは逆の方向への圧力がかかる事になります。

このように加圧した状態で体に負荷がかかった状態は、筋肉を効果的に短時間で鍛えるのにうってつけです。下記では、実際のポージングについて説明します。

下腹をスッキリさせるポージング

年を重ねてくると気になるのが、ポッコリお腹だと思います。では、この下腹をスッキリさせるにはどのようなポージングが効果的なのでしょうか?

まず、わきのあたり、腕の付け根をしっかり加圧します。直立した状態で、下半身はそのままで上半身を左に捻ります。左に向けた状態で、10~20秒キープします。

右向きでも同じです。左右一セットとして合計三セットが目安です。この方法を使うと、お腹の前の部分だけでなく横腹の部分も同時に鍛えることが可能です。

ほんの数分で終える事ができるはずです。下腹の場合、ポージングの前にお腹に力を入れるだけでもかなりの効果が見られますので、是非試して見てください。

背中を引き締めるポージング

女性にとっても男性にとっても、背中の贅肉というの落としにくい部位の一部でしょう。どんなポージングが背中の贅肉そぎ落としに有効なのでしょうか?

加圧する部分はさっきの下腹と同じ、腕の付け根です。次に両手を肩のにのせます。その状態で、肘を肩の高さまで持ち上げます。その状態からひじをできるだけ体の後ろに持っていき10秒キープさせます。これも3セット行うといいでしょう。

背中の筋肉は普段使うことが少ないため、このポージングを行う前に、十分に肩をストレッチするなら楽にできます。さらに注意点として、肘を後ろ側に持っていく時に限界点までがんばらないことです。回数を重ねていくと、可動域が広がり背中全体の筋肉を刺激することができるようになります。

どんな加圧用具、加圧シャツを選べばいいか?

どんな加圧用具、加圧シャツを選べばいいか?

加圧ポージングは圧力を加える事が目的なので、極端に言えばひもでもタオルで縛っても構わないのですが、体が動くときに伸縮性が必要なため、専門のものベルトを購入するのがいいでしょう。腕や足の付け根、腰に装着するのが一般的です。

高級なものだとエアー式の、圧力を調整できるものもありますが、初めて加圧ポージングを実践する場合はベルトの購入をおすすめします。値段は数千円から数万円するものもありますが、素材や伸縮性に違いがあります。

圧力の大きさは自分の締め付けの具合で調節します。加圧シャツについては、サイズが大切です。メーカーによって締め付けの具合やサイズが異なるため、一番いいのは実際に試着してみるのがベストです。

もし大きめのものを買って圧力がかからなけらば意味がないですし、小さ過ぎるなら体に負担がかかり過ぎて疲れてしまうからです。

用具の選択と使用方法は専門家に相談するのがいい

加圧シャツの場合はサイズのみなのでそんなに気を使う必要はありませんが、加圧ベルトや器具を選ぶ場合は専門家はジムのトレーナーなどに相談した方がいいでしょう。

さらに、ベルトや器具の正しい使い方だけでなく、どれくらいの圧力をかければ効果があるのかは初心者では分かりにくいかもしれません。

加圧ポージングを行うにしても加圧トレーニングにしても、最初のうちは専門家のもとで指導を受けるのがベストです。ある程度慣れてきたなら、自宅でのポージングやトレーニングに移行することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加